W3Cに準拠したコーディング

W3Cとは、ホームページの元となるソースの世界基準みたいなものです。

ホームページはこのW3Cが定めている基準に基づいてコーディングをします。

ちなみに、各ページのソースは、IEの『表示タグ→ソース』で見ることができます。

W3Cに準拠したコーディングの重要性

なぜW3Cに準拠すべきかというと、HTMLソース・CSSを読むブラウザで正しく表示されない可能性があるだけでなく、検索エンジンに誤った情報を送ることになるからです。

つまり、正しいコーディングを行わないことにより、せっかく作ったホームページのレイアウトが崩れてしまったり、検索エンジンの検索順位が下がってしまう可能性があるのです。

ですから、正しいコーディングの知識を身につけることは非常に大切なことなのです。

ちなみに、ホームページ作成ソフトを使用しても、正しいコーディングが行われないこともありますので、注意が必要です。

また、悲しいことにホームページ作成のプロである制作会社でも、正しいコーディングができない会社も多数存在しますので、制作会社を選定する際に注意が必要です。

かといって、一行ずつコーディングの間違いがないか確認するのも大変なので、簡単に正しいコーディングかどうかチェックできるサイトがありますので、コーディングに不安のある方はご利用になるといいでしょう。

HTMLソースをチェックするサイト
Another HTML-lint gateway

【おすすめのサービス】
高品質なホームページ作成が激安!SEO対策済み!11ページ31,500円~

Ads by Sitemix