IEバグ

IEバグと初めて聞くと、あまりピンと来ないかもしれませんが、IE(インターネットエクスプローラー)特有のCSSの解釈です。

ちなみに、CSSはレイアウト部分を記述するものです。

特にIE6は、他のFirefoxなどのブラウザと違い、独特のCSSの解釈をします。

特に注意しなければならないのは、paddingとwidth、borderとwidth、floatとmarginの組み合わせです。

これらを組み合わせてCSSを記述すると、レイアウト崩れを起こします。

たまに、ネットサーフィンをしていて、レイアウトの崩れたサイトを見かけることがあるかとは思いますが、それらの大半はIE6用か他のブラウザ用のCSSの記述をしています。

このIEバグは、前に挙げた組み合わせを使わず、別々のidやclassで記述することで回避できます。

<悪い例>
#sample{
padding:10px;
width:700px;
}

<良い例>
#sample{
padding:10px;
}

#sample2{
width:700px;
}

詳しくは「IEバグ」で検索すると、いろいろと解説しているサイトが出てきますので、そちらを参考にしてください。

【おすすめのサービス】
高品質なホームページ作成が激安!SEO対策済み!11ページ31,500円~

Ads by Sitemix